沖縄のマリンブルーの海はダイビングに最適、

PR|高松の高級ラウンジで接待|

我家は息子が沖縄の大学に入学したのをキッカケに其れ以降、スッカリ沖縄に魅せられて、特に暮れ正月の冬場に成ると温かい南国の沖縄に出かける機会が多くなりました。
そんなわけで、沖縄といえば季節を通じて亜熱帯気候に恵まれていて、年中温かい沖縄へはツアー旅行で何度も訪れています。

 

沖縄本島の観光地をめぐるには交通事情は余り良いとはされていないが、その為にも沖縄へはレンタカーとセットになったツアー旅行が最適でしょう。 更には往復の航空機とホテルなどをセットにした観光目的で選ぶのもようでしょう。

 

そして、沖縄観光旅行の目的としては色々あるでしょうが、やはり主体となるのが沖縄の綺麗な透明の海、マリンブルーを求めて出かける人が多いようです。 実は我々も家族や親戚の若いもん達と沖縄を訪れるのは、最近ではマリンスポーツ、ダイビングが主な目的となったのです。

 

その沖縄の海やダイビング目的ては、近年では内地からも訪れる人が大勢いらっしゃるようですが、我々家族もその内の仲間と言っていいでしょう。
四方を海に囲まれた我が国では、首都圏も含めて海のあるところ何処でもダイビングは可能ですが、やはり国内でも屈指と言われるところは、南国沖縄の海ということになるでしょう。気候的にも亜熱帯気候に属し、従ってダイビングを楽しませる魚類の種類や数も多いのが魅力なのです。

 

其の中でも、那覇から比較的近いところでは北谷や恩納村になりますが、何れも沖縄の観光地としてもよく知られているところですが、特に北谷の宮城海岸で、此方のダイビングポイントの砂辺や恩納村の真栄田岬の「青の洞窟」はよく知られていて、我らもよく訪れるところです。

 

夏の季節は勿論、本州の冬の時期でも此方沖縄の海では多くのダイバーで賑わい、何れも初級者から中級者まで楽しめるところです。 勿論、沖縄を訪れて初めてダイビングに挑戦する人達でも、当地にはベテランのインストラクターが常駐していて気軽に案内や指導をされるところでもあり、簡単に神秘的なマリンブルーの沖縄の海域を体験することができるのです。

 

PR|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|エステサロンを上手に利用する情報サイト|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|美容と健康女性ランキング